Dr.STONE(ドクターストーン)3巻 発売日、あらすじ等

「Dr.STONE」第二巻より

 

Dr.STONE(ドクターストーン)第3巻

2巻も無事発売されたことですので、3巻も予想記事いっちゃいましょう!
2巻の予想は微妙な結果でしたね。でも新しいコンテンツを入れて下さっているので3巻も期待です!

参考:2巻発売記事

 

発売日

12月 発売 予定(細かいのが決まり次第追記いたします。)

7月4日 1巻発売
9月4日 2巻発売

ときているので12月4日ですかね?
11月じゃないのが惜しいです・・・


[追記]
やはり12月4日(月)でした!


 
 

あらすじ(超ネタバレ注意)

 

木の下敷きとなっている謎の少女コハクを見つけた千空は、これまでの発明を駆使しコハクを助け、マンパワー欲しさにコハクが住む村へとたどり着く。そこにはたしかに人間達の村が存在した。

村の人間からは千空の科学を妖術と称される中、村の妖術使いの青年クロムに、妖術勝負を挑まれる。クロムが起こす妖術をやすやすと科学の知識で解き明かし、自らも妖術(科学)を使い完全勝利を収め、クロムの所持していた科学的な材料の保管されている倉庫を手に入れるのであった。

青年クロムが妖術と言っていたものは、現代の科学に通じる基礎であり、自分がいなくなっても科学は知的好奇心によりまた発生する事知る千空。

クロムと話すとクロムは病気であるコハクの姉ルリを助けたいと思い妖術を研究していたという。
千空は自分がおかれている境遇、未来の話をクロムにし、一緒に科学の国を興す事を約束する

ルリを助けるためにサルファ剤という万能薬を作るべく、サルファ剤作成への計画を立て、それに従い砂鉄の採取を始める。村の子供スイカの協力もあり、砂鉄を集め終わると、鉄を生成するべく炉で火を起こす。

しかし現在の人手では出せる温度に限界があるため、マンパワー集めに奮闘する。その方法とは猫じゃらしを元としたおいしいラーメンを作り村人に強力してもらおうという方法だった。

無事ラーメンで村人の心をつかむなか、あさぎりゲンという司が復活させたであろう人物がスパイに来ていた事を知る。しかしあさぎりは未来のある方の味方につくとの事だったので、千空サイドへついたようだ。

人手が足りた千空達は、砂鉄から鉄を生成し、雷を利用し磁石を作り、発電機を完成させた
何もない状態から電気を手に入れた千空は、感極まる

「Dr.STONE」第25話「この手に科学の灯を」より

 
 

掲載内容

表紙予想

1巻で千空、2巻で千空大樹杠だったので正直全然予想ができないですが、やはり内容としては村メインとなるので・・・

千空、クロム、コハク、スイカがラーメンを食べているシーン!
と予想します!これは外れる気しかしない!!w

 

掲載内容予想

これはこの9話でしょうね。
(クリックで考察記事へ飛べます)

第17話「ワッッルい顔」
第18話「妖術決戦」
第19話「200万年の在処」
第20話「STONE ROAD」
第21話「鉄の夜明け」
第22話「SABAIBARU GOURMET」
第23話「ペラッペラな男」
第24話「電光石火!!!」
第25話「この手に科学の灯を」

 

千空Q&A予想

「Dr.STONE」第1巻より

 

前回は数うちゃあたる戦法をしてしまいましたからねー。

三つにしぼります!その変わり当たりの判定をガバガバにします!

予想
・千空のお父さんは車を手放して通勤大丈夫なのですか?
・黒色火薬って本当にあんな爆発するんですか?
・箱根で硫黄をとってきてもいいでしょうか?

でいきます。卑怯ですが発売までに思いついたら追記していきますw

 

番外編予想

これは2巻の状態を続けていくのではないでしょうか。
しかし今回は12月発売ということで期間があるため、おまけ漫画も復活すると予想しておきます。
22話で番外編がジャンプに一緒に載ってしたのでそれだと思います)

予想は
・4コマ漫画
・各話の間にある挿絵
・メカ千空Q&A
・おまけ番外編漫画

ですね。

 

終わりに

話数的に3巻も4巻も出る事は確定ですね!本当嬉しい限りです。
正直ひっさびさにジャンプでドはまりしている漫画なので、20巻ぐらいまではつづいてほしいものですね!

Boichi先生の絵がドクターストーンにどんどんまっちしていくのを感じますし、ストーリーも面白くなってきました!
司帝国はどのように出来上がっていくかすごい期待しています!

 
[PR]関連漫画

One Reply to “Dr.STONE(ドクターストーン)3巻 発売日、あらすじ等”

  1. ここまで一気に記事を読ませていただきましたが、とても読みやすいです!
    漫画内で出てきたことも、分かりやすく解説してくだってて、最後の考察も大好きです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。