【第93話】あらすじ&考察【ネタバレ注意】

<画像>

あらすじ

フランソワ割烹着を着て小麦を使用しパンを作る。

 

早速できあがったパンを食べていると、奇跡の水を渡した南が交換条件の品を電話で要求。ゲンの出まかせでいったものの千空が作ることに。

その為にもカセキを石神村まで呼び寄せようとするがカセキは高性能な車スチームゴリラ号2を作成しておりすぐに到着。

工作をカセキが担当し、千空達は化学的な作成に入る。早速水酸化ナトリウム、銀、アンモニア等を使い鏡を作った。

実はこの鏡はフィルムとして機能させるためのものでありカセキが作った物と組み合わせるとその作品の全貌があきらかになった。

銀板写真、人類最古のカメラである。

南は喜びのあまりその場で泣き崩れるが、実は、南の為だけに作ったのではなく、航空写真をとるために量産されていた。

すかさず七海が最初の被写体の権利を買い取るがその被写体は自身ではなく千空を七海が指名。

ポーズはフランソワの知恵もあり世界一の科学者のポーズをとる事に。そして、航空写真を撮る中、最初の千空の写真が現像された。

<画像>

 

ちょっとした分析&考察

カセキの変化

<画像>

みなさんこのカセキのギャグ的なコマをただ笑いで流してしまってはいませんか?

私は少しだけ感動もまじりながら読んでしまいました。

57話であったカセキの友情話覚えていますか?

<画像>57話より

あの時きっとカセキはクロムや千空のためにも物作り友達として対等に接しようと考えたはずです。

そして今回のセリフ。「イケてるでしょ?」等々のやり取り、これはもう心を許しあっている中でのコミュニケーションにしか見えません。

本当に対等な心を許しあえる友情が芽生えているんだなーと謎の感動をしたのでピックアップしました。

 

南のプロ根性

<画像>

カメラを前にした際南ちゃんは恍惚的な表情をしていた気がします。そのあとも泣き崩れたりとどれだけその仕事に思い入れがあったかがわかりますね。

実は84話でもその片鱗を見る事が出来ました。ずっと司ファンだった南ちゃんは司がいなくなった時にこんな感じになっていました。

<画像>84話より

それが千空が「記者」という発言とともに仕事だぞと問いかけるとすぐにこの表情となりました。

<画像>

相当司に入り浸っていたのは昔の挙動からよくわかります。

<画像>

しかしその司のめそめそを飛ばしてまで一気に表情を変えるほどの情熱を持っていたという事ですね。

何かに情熱をもって真剣に取り組んでいるのは本当にカッコイイです。

 

科学、小ネタ等

フランソワのパン作り

<画像>

フランソワがどんどん有能に見えてきますね!そして間接的にこの人が認めている龍水の事が更にすごい人に見えてくる!

さてさてフランソワさんのパン作りを何やってるか追ってみていきましょう。

水と小麦粉まぜまぜ

<画像>

小麦粉は15%くらいたんぱく質が入っているのですが、その中の代表的なものにグリアジンとグルテニンというものがあります。

グリアジンはネバネバしていて、グルテニンは弾力があるという特徴のたんぱく質です。

そしてこれらに水を加えて捏ねると合体しよく聞くグルテンになります。グルテンはグリアジンとグルテニンの性質を良いとこどりしており、ネバネバした弾力のあるたんぱく質です。

<画像>

(ちなみにグルテニンはジスルフィド結合で繋がった重合体です。ジスルフィド結合、高校化学ででてきましたね!ちなみにちなみに髪の毛もジスルフィド結合でくっついていますが、パーマはこれをぶっ壊してつなげなおして出来ていたりします)

<画像>

このネバネバしてて弾力がある生地こそがガスを閉じ込めいい感じに膨らんでくれるのですね。

つまりフランソワさんが最初にやったことは「グリアジンとグルテニンを水でくっつけてパンの元であるグルテンを作った」という事ですね。

あのサンデーで連載されていた伝説のパン作りギャグ漫画焼きたてジャぱんで、ゆきのが河内の生地にエンドプロテアーゼというものを入れていましたがたんぱく質自体をぶっ壊してしまう酵素を入れられたらどんな手をもっていてもパンが出来ないのは納得ですねw!


焼きたて !! ジャぱん 1 [DVD]

 

30℃くらいで放置

<画像>

いきなり放置ですが、千空達がいうようにこの時すでにイースト菌は入っています。そのへんに大量にいるからですね。発酵させる元なので酵母とか呼ばれています。

イースト菌くんは糖を食べてアルコールと炭酸ガスを吐き出す生物です。この過程を発酵と言います。

そしてイースト菌は30℃でもっとも活性化します。なので30℃放置というのはイースト菌が生地内の糖を食べて食べてガスを吐いてもらう待ち時間なのですね。一次発酵ってやつです。

 

丸め直し、ガスを抜く

<画像>

パンチとか言われる工程ですね。え?せっかく発酵したのに?と思われるかもしれませんが、一回ガスを抜いて新しい酸素を入れてやるともっとイースト菌くんが活動しはじめます。

それと最初にできたでっかいガス溜まりを潰して小さくしてやることで、焼いたときの穴ぼこが小さくなりキメ細かなパンになるんですね。

他にも生地内の温度を一定にしたりと色々意味があったりします。何でもそうですがやりすぎるとダメです。

切り分けたり形作るのはここで行います。

 

再び1時間放置

<画像>

二次発酵というやつですね。二次発酵もイーストくんにガスを吐いてもらうという事は同じなのですがパンチされた気泡を核として膨らむので大きく膨らみます。

切り分けたり形作りした後の仕上げ発酵です。

 

焼く!

<画像>

普通の総菜パンならここまで高温じゃなくてもよいのですが、ハード系なパンを作るにはこれくらいの温度がいるのでフランスパンみたいなハードブレッドを作っているのですね。

<画像>こういう固いパン達

<画像>こういう固いパン達2

まぁ固いってことは水分無いって事で、ダメになるのも遅いですからね!

<画像>

焼成中何が起きているかと言いますと、温度があがり更に少し生地が膨らみます。まだイーストくんは仕事する。これを「カマ伸び」なんていいます。

温度が上昇するのでグルテンが柔らかくなり、でんぷん(糖の元)が肥大化するので更に膨らみます。

生地自体が60℃にたっすると遂に仕事していたイースト君たちは死滅します。かわいそうw
これでカマ伸び終了です。

そしていよいよただの生地からパン化していきます。

パンの表皮をクラスト、中身をクラムなんて言いますが、

<画像>

クラストは表皮のメイラード反応、カラメル化反応によりあの色風味となります。

22話考察でやったアレです

クラムはグルテンが固まり、デンプンの糊化により作られます。デンプンの糊化に関しては、水溶き片栗粉を熱するととろとろになるあれを考えてください。

各種パンによって状態変化は様々ですが凡そこうしてパンの中身と外身が完成し、パン完成です!!

<画像>

「虎の子」の意味

<画像>

これ地味に知らない人多そうなのでピックアップ。前回も出てきましたけどね!w

簡単に言うと「手放さない大切な物」という意味です。

虎は母親が子供をめっちゃ大切に守って育てるそうでそこから大切で手放さないものを虎の子というようになったそうですよ。

<画像>

 

伝統芸能:カセキの服、散る

<画像>

いやぁもう伝統芸能の域に達してますよカセキさん!

①ガラス細工に目覚めたとき
②あさぎりが偶然上着を取ってしまったとき
③日本刀造りを始めたとき
④水車の仕組みを聞いた時
⑤カメラ作成について聞いた時⇠NEW!

今回は完璧なフリからのコレですからね!まさかあのファッションショーからフリが効いていたとは!!すごい!

スケットダンスの篠原先生が伏線をギャグの中に隠すという技をやっていたといいますが、これはギャグの伏線をギャグの中に入れていたのですねw!

ここは笑いました本当w

にしてもカセキさんこの年でこれだけのピアスすごい

<画像>
 

銀鏡反応

<画像>

硝酸銀水溶液とアンモニア水で錯イオンを作り出す、よく高校化学で紹介されるやつですね。

ジアンミン銀(I)イオン
[Ag(NH3)2]+

これ覚えた人多いんじゃないですかー?

おそらく銀と水酸化ナトリウムで
2Ag+ + 2OH- → Ag2O↓ + H2O

さらにアンモニア水で
Ag2O + 4NH3 + H2O → 2[Ag(NH3)2]+ + 2OH-

[Ag(NH3)2]+が入っている水溶液はトレンス試薬とか言われますね。

<画像>

んでブドウ糖(グルコース)はアルデヒド基をもっていて還元性があるので、銀イオンが還元されて銀がガラスに析出するってわけですね。

銀は反射率がトップの物質なので鏡になるわけです。可視光領域の電磁波を92%以上反射するらしいです。

<画像>

ただ千空が最初に入れたのは硝酸銀ではなく銀なので、どうやって銀メッキつくるほどの銀イオンを発生させたのかは分かりませんでした・・・

(銀はイオン化傾向がめちゃ低いのでなかなかイオン化しません。)

 

感想

<画像>

この写真がうつるまでの一連の流れは感動しました。と同時にここアニメで見たいなーーーーと深く思いましたね!!

そして写真を撮ったという事は後で見返すという事だと思います。

ただの予想なんですが、ドクストの最終回付近でこの写真絶対でてきますよねw!!

もう出てきたら鳥肌ヤバそうなんですが!

南米大陸に行って謎を突き止めて司復活したとしてもストーンワールドがしっかり復興するまで続きそうなきがして期待してしまいますね!

にしても今回もワクワクと感動と感心と希望、情報てんこ盛りすぎて楽しんだなーすごい作品だというか1話に詰め込み過ぎですよw良い意味で!

次回も期待です!

 
[PR]関連漫画





One Reply to “【第93話】あらすじ&考察【ネタバレ注意】”

  1. 欲しい理由は違ったけど、やはりカメラだった〜♪
    悠々と新スチームゴリラ号に乗ってきたスーツ姿のカセキ、からの服爆発に爆笑してしまいました!
    龍水が写真モデル一枚目の権利を買って、当たり前のように千空がモデルだと言って、フランソワが「龍水さまの欲はハンパない、自分だけじゃなく皆を輝かせてそれまで欲しいのです」とスケールの大きさをほのめかす。
    パン作りも描きながら、1話で色んなことが詰め込まれていて、ホントすごいマンガです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。