【第87話】あらすじ&考察【ネタバレ注意】

<画像>

あらすじ

空を飛ぶという千空に半信半疑なマグマであったが今までの事を考え笑う事はなくなっていた。

 

早速千空は気球のロードマップを披露する。それは麻糸から布を作るだけのとても簡単なものであった。

布を作るという事で杠率いる手芸部チームがその任を任される。

大樹の体力や杠の器用さが際立ち作業は進んでいくが、作成する布の量的に科学チームに機織り機を作成してもらうことに。

杠は簡易的なものを想像していたが千空カセキは電動ではないものの、かなり高度な機織り機を作成する。

道具もそろい作業が進み少量の布が完成。中には空気を通してしまうスカスカの布の失敗作もあったが、それを服として売る事で布織を手伝ったものに報酬を出す。そしてそれがモチベーションに。

また、杠の作る服のクオリティの高さから龍水はどんどんドラゴを放出していくのであった。

<画像>

 

ちょっとした分析&考察

新ロードマップ

<画像>

折角ロードマップが出たので見ておきましょう!いやぁダントツ長い道のりなのでしょうかねー!?

<画像>

ワァオ!!

これは短いwまぁそうですよね、気球って乗る場所と布、熱源があればできますから新たに必要な物といえば布くらいですものね!

カセキのキャラがどんどん強いものになっていますが今までのロードマップと比較するとあのリアクションは頷けますねw

・麻糸
・布

オンリーです!

 

大量の布ゲット

<画像>

さっそく気球以外の用途にも使われていましたが安定して布をゲットできるようになったと考えると文明レベルもすごく上がった気がします。

今回は非電動でしたが機械化すればさらなる大量生産が見込める状態に!

 

科学、小ネタ等

科学王国十面相

結構面白い顔が出てくるドクターストーンですが今回は多数の顔が出てきたのでピックアップしておきましょう!

もちろん一番いっちゃってる顔は最後のアレですけどねw あの顔が書けるのは本当すごいw!

エントリーNo.1!まずは嘲笑マグマさん

<画像>

いい顔してますねー、相手を嘲笑する素晴らしい舌使い!これで笑われたらイラっとする事間違い無し!

エントリーNo.2!驚きカセキ

<画像>

セリフで大分隠れていますが、この目の見開きは面白変顔の域です!カセキって本当そのへんの若者より活力ありますよねw

エントリーNo.3!爬虫類千空!!

<画像>

いやもう爬虫類ですよwマグマの舌もなかなかでしたがこの千空の舌なんて二股に分かれてますからね。蛇のソレですよねw

エントリーNo.4!キラキラ千空&カセキ!!

<画像>

見逃しませんよー、この潤んだ瞳!杠の妄想の中ですがカセキと千空がすごく生暖かい目をしております!

エントリーNo.5!自信たっぷり千空&カセキ!!

<画像>

その後実際に織木を作成した二人の顔も面白顔でした!杠の想像とは全く違う顔をしてきましたねw

エントリーNo.6!老いた杠!!

<画像>

疲れ切っております・・・織機を使ってもあの布を作るのがどれだけ大変かを物語っている。
あんなにカワイイ杠がシワシワなんだよ!(スイカ風)

エントリーNo.7!口裂けあさぎりゲン!!

<画像>

この口元、もともとヒビで裂けているように見えるのですがこれはもう裂けてますよねw

エントリーNo.8!北斗の杠!!

<画像>

完全に北斗神拳をつかっています。北斗百裂拳あたりでしょうかね?ヒコウを突けばもしかしたら司や氷月にも勝てるかも!?w

エントリーNo.9!ダンディズムカセキ!!

<画像>

すいません、これは入れようか迷うところですが私の中では立派な面白顔ですww

カセキがここまでダンディになるとはwちなみに腕にはトゲトゲのブレスレットなんてついています。これはきどっている!

<画像>

エントリーNo.10!ワッるい顔の殿堂千空&ゲン!!

<画像>

あれ?主人公ってこんな顔していいんでしたっけw?
もう目が開いちゃってます。機織り機の作画もすごいですが私はこの作画が一番お気に入りですw

髪が角のようになり、普通に悪魔の羽が生えています

boichi先生天才!

 

陽とマグマ

<画像>

何度かでてきましたが、陽とマグマは石化前の人類、ストーンワールドの人類の価値観の違いをお互いにバカにしあってよくケンカしますねw

 

今回の話はずばり「へそくり」する話

<画像>

今回杠が余った麻布で「服」を作りましたね!そして最後にはお金を大量にゲットしていました!

これ全部通して「へそくり」をしているという事です。

へそくりのヘソとは綜麻(麻糸を巻き付けて一塊にしたもの)の事を言っていて

<画像>

余ったそれを操ってお金を貯めていた人がいたことから
「綜麻(へそ)を操って貯めたお金」

「綜麻操り金」

「へそくり」

となったそうな。つまり今回の話はずばり全体を通して色んな意味で「へそくり」する話だったんですねw

最後に伝家の宝刀最強の言葉を添えておきます。

「※所説有り」

 

感想

今回は布が出来て気球に一気に近づきましたね(もともと手順は少ないですが作業量はかなりのものだったと思います)

また服も現代風なものが多数でてきました。麻ひもからつくっているので結構チクチクしそうだなーと肌が弱い私が思ってしまったのはおいておきましょうw

カセキがダントツで似合っていたと思います。ヒゲもデコっていてカッコイイ!

話的には小休止回でしょうか?ただ布がナチュラルにあるものとなったのはかなり大きい功績だと思います。

紐や布ってものすごく有用ですからね。麻って吸水、吸湿性があって便利です。

羽毛、コットンがでてきたらもっと機能性抜群な衣服ができることでしょう。何よりそれらの素材が出てきたときの杠の顔がどんなものになるか気になりますがww

さて軍資金を大量に手に入れた千空達はイコール村人の労働力をてに入れた事になるので(前から手に入れてるっちゃ手に入れてますがw)、これからの作業の動機付けが簡単になり、いろいろ発展したものが作れそう。

次回は気球の乗り場部分、熱源部分に触れて完成までといったところでしょうか?

ただ空に飛びあがるのは絵的にもすごい良い描写になりそうなので、磁石を作った時の雷、電気をつくったときのクリスマスツリーのように何かしらがあると期待です!!

次回も楽しみ!(シルクで思ったのですが蚕育成とか虫回とか来たら超ワクワクするんですけどねー)

 
[PR]関連漫画





4 Replies to “【第87話】あらすじ&考察【ネタバレ注意】”

  1. 今回は単純に楽しかったです♪いいオッサンがニヤニヤして読んじゃいました。
    前回、Boichi先生の巻末コメントに「1コマをスタッフに説明するのに1日かかった」ってありましたが、あの複雑な機織り機のコマでしょうか。
    へそくりの語源、なるほど勉強になりました。
    本来、資本家の利益となる剰余労働を逆手に取ってるのが興味深いですね。
    科学から経済まで学べて、ドクストはほんと面白いマンガです♪

  2. 陽は、何話か前のマグマ設計(画ナマリ)の帆船の設計図を見て、目玉飛び出し→石化部分粉砕→両目がある状態、だったけれど今は元に戻っていますね。漫画的びっくり表現ってだけではなく、その数コマ後でも両目開いててる陽がいて、「誰だ?」と思いつつ装飾品見て「陽」と判断。復活液なくても物理的に回復できるんだ、と思ったのですがさてさて真相はいかに?

  3. 更新乙です。
    今回の軍資金は今後の人件費にも一部使われると思いますが
    お店を始めた目的である石油代が一番大きいかと。
    ※龍水本人も自分で首絞めちゃった(石油代を自分で与えちゃった)とオチが付いてる訳で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。