【第61話】あらすじ&考察【ネタバレ注意】

<画像>

あらすじ

あさぎりは千空に司帝国をまとめている本質は司のカリスマ性にあり、司以上のカリスマを用意することでそれを崩す事が出来ると千空にいう。

<画像>

なんでも声帯模写、音質の優れない電話、リリアンの生歌が入ったレコードを用いる事で歌姫リリアンの生存を偽装し、偽リリアンから世界が滅びていないという嘘情報を発信する事で司帝国民を騙す事ができると。

千空はあっさりOKをだし、ちょうどその時下の階で聞き耳をたてていたクロムも話に参加する。

無血開城後司帝国民に嘘がバレた時の恨みを石神村の村人に向けないよう、この作戦を3人だけの秘密とした。

<画像>

電話運搬当日、エンジニアとしてクロム、電話持ちとしてマグマ、案内人としてあさぎりのパーティが組まれた。

村を見張っているほむらに気付かれパーティを追跡されないよう、音爆弾を逆サイドで鳴らして気を引きつつも携帯電話を渡しに出発するのであった。

 

 

ちょっとした分析&考察

あさぎりの無血開城作戦

<画像>

あさぎりの言っていた作戦をまとめておきましょう!

①大樹達にケータイを届ける。
②ケータイで司軍にリリアンの歌を聞かせる。
③あさぎりの声帯模写で世界は滅びていない事を伝える。
④大半が寝返ったという連絡を待つ。
⑤司や氷月を一気に制圧する。

こんな感じでしたね。

声帯模写はあっていましたがその先は外れておりましたーw故人の声を利用するという事で地獄に落ちるという事でしょうか?

ですがこの作戦であればレコードも音質の悪い携帯の使い道もものすごく納得ですね。稲垣先生はまごうことなき天才です。

 

作戦懸念事項

ここはただの予想ですがいくつか難関があるかと思いましたので書いておきます。

大樹の場所までわかるの?

<画像>

50話でかなりどでかい土地を使って帝国を気づきあげている感じがありましたが、重要人物である大樹や杠の場所は果たしてわかるのでしょうか?

 

どでかいケータイ渡す事出来るか問題

<画像>

まずはあのどでかいケータイを見張りの付いている大樹に渡す事ができるのかということ?

現在大樹達には司帝国側の監視がついていることがわかっています。現代のスマホくらい小さければなんてことはないと思いますが、あのサイズだと少し心配ですね。

<画像>

内通者かもしれないと思われている人に対して外部からコンタクトをとるってかなり難しい気がします。

ゲンがついていっているのでなんとかしてくれるのでしょうか?

 

道中精密機器壊れないかな?

<画像>

クロムも言っていましたが精密機器であるため、地味に真空管がわれないかも心配です。

 

司帝国民が司に判断を仰ぐ可能性

何かしら司には言ってはいけないという理由をつけないと、司帝国民が司に対して「アメリカから救援がやってくるらしいですがどうしますか?」と司に聞く気がするんですよね。

そうなると司は千空の天才さを知っている為、おおいに怪しむ気がします。

 

つまり

電話を壊さずに司帝国まで持ち運び、見張りなど司帝国側の人間気づかれず大樹達にデカい電話を渡し、帝国民が司に判断を仰がずに寝返る環境を作る。

これが必要となりそう。難関そうですが、潜入展開は燃えますね!!!

私は密かにこいつが出てくるのではとも思っていますw

<画像>

・参考:56話

 

あさぎりゲンの声帯模写の制度

何度かでてきていますが、現代人に対しても有効なようですね。木で出来た床を挟んでクロムがレコードの声と同一人物だと思うほどの声のようです。

<画像>

これなら電話を通せば騙す事もなんとかできそうですね!千空も相当にているといっていますし。

 

科学、小ネタ等

可愛いクロム

<画像>

はい、かわいすぎます。

いい感じの場面で突如目を覚ますのもすごいですよねwしかしその後の密談を聞くためグラグラのツボの上に載ってまで聞き耳を立てている姿は好奇心旺盛な少年そのものですね。

子供の頃に壁に耳をあててなんとか隣の部屋の声を聴くことが出来ないか試した私、この気持ちすごくわかります!

 

司SD

唐突にSDと使ってしまいましたがSDとはスーパーデフォルメの事です。

昔二頭身大のガンダムがSDガンダムと言われて出てきていたのを思い出しますが、それのことです。

何度か登場していましたがめっちゃ好きだったので取り上げです。

<画像>

boichi先生の絵の守備範囲には驚くばかり・・・

 

手の形

<画像>

千空クロムあさぎりが手を合わせるシーンですが、千空の手だけ三又の形をしています。

特に意味はないのかもしれませんが、不思議だと思ったのであげておきました。

 

爆鳴気

<画像>

水の電気分解で酸素と水素が出来る事、酸素と水素の反応ではエネルギーを放出しながらH2Oとなる事が有名ですが、この放出したエネルギーが音や光を生み出しているのですね。

酸素と水素を入れたシャボン玉に火を近づけて大きな音をならすという実験をテレビ等で見た事がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

感想

次回は旅&潜入回でしょうか?メタルギアソリッドにはまっていた身としてはとっても潜入は燃える!

あさぎりの作戦は大変そうな事が多いよう気もするので一つ一つの困難をどう乗り切っていくのかも気になります!

そしてもちろん大樹杠の登場も気になります!!私は来週顔だけでも出てくるのではないかとおもっているのですがどうでしょうかね。

ほむらとのやり取りも少しはありそう。

相変わらず色々な事を考えさせてくれるドクターストーン!素晴らしい漫画だと思います。

次回も期待ですね。

 

[PR]Dr.STONEのアニメを今すぐ見る!

下のサービスにまだ登録していないものがあれば特典を使って今すぐ無料で見る事ができます!





2 Replies to “【第61話】あらすじ&考察【ネタバレ注意】”

  1. ケータイはほむらちゃんを通してわたせるのでは?もしくはほむらが監視につくとか。ほむらは氷月からの信頼もあつそうだし!!!!!!

  2. 他にも疑問点が一つ。千空の作戦通りに実行する場合、
    大樹に渡す受信機はどう考えても現代のものではないのだが、
    それがなぜアメリカの現代送信機の周波数を捉えることができたのか、
    それをなぜ大樹が持っているのかという問題点がある。

    都合よくノリで無視するかもしれませんが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。