【第44話】あらすじ&考察【ネタバレ注意】

「Dr.STONE」第44話「百の夜と千の空」より

 

あらすじ

地球へ

「Dr.STONE」第44話「百の夜と千の空」より

 

地球が謎の光によって包まれ、宇宙にいた6人を除き人類は石になってしまった。

 
地球にいる石像となった千空が、頭の中で謎の光のスタート地点を考えている頃、宇宙にいる父親百夜も同じ事を考えていた。

石化光線の放射状の広がりから、謎の光の発生源は「南米」と百夜は推測する。

宇宙船ソユーズの乗組員であったリリアンが関心すると、百夜は息子千空が昔やっていた事を参考にしたとの事。

早速百夜は地球へ戻ろうとするが、3人乗りの宇宙船が二つ、宇宙に居るのは6人という現状を考えると地球への特攻隊は3人必要と言う事が解る。

百夜はもちろん準備にとりかかるが、シャミールにお腹を殴られ荒々しく阻止された。


シャミール

「オジサンあんたは息子がいるんだろ?」
「特攻隊なら独り身が行くべきだ、僕みたいなね」


全人類石化から60時間後、特攻隊3人を乗せた宇宙船が地球へと降り立つ。

「Dr.STONE」第44話「百の夜と千の空」より

 

しかし、降り立った場所は海。地球に落ちても石化しなかった事はよかったが、見るからに大陸からも離れた海に着水してしまい身動きがとれなくなる。

 

地球へ、其の二

一方石化した千空は時間を数える事で暦を忘れてしまわないようにし、復活した時の生存確率を少しでも増やそうとしていた。

事は違えど、百夜と千空、石神家の父親と息子は同じ方向を向いている。

「Dr.STONE」第44話「百の夜と千の空」より

 

他の乗組員が着地の誤差や、それからの事などマイナスな可能性に怖気づく中、百夜は前を向いていた。


百夜

「着衣水泳でもなんでもやってやる・・・!!」


残りの船員達も地球へ降り立つ事になった。

先に地球へ降りた3人、水の侵入を防ぐ為ハッチを開けられない中なるべく船内の空気を温存していた。

そんな時歌姫リリアンが突然大きなか声で歌い出す。シャミールや仲間は驚くが窓の外には小舟に乗った百夜の姿が。

「Dr.STONE」第44話「百の夜と千の空」より

 

後発組の乗組員は近くの無人島に着陸し、百夜はそこから小船を漕いできたと。

シャミールは驚き呆れながらも百夜を迎えていた。


シャミール

「いい年だろもうオジサンはさ」
「無茶するよ、一か八かもいいとこだ・・・!」


 

3年後

「Dr.STONE」第44話「百の夜と千の空」より

 

宇宙飛行士がうけるサバイバル訓練のお陰か、無人島でなんとか生活を続けていた人類最後の生き残り。

シャミールとコニーの二人が結婚し、6名から8名へと人類は数を増やしていた。

リリアンは祝いの席と言う事で、得意の歌を歌う。しかしその歌すらもこのまま消えていってしまう事を考えた時涙を流してしまう。

近くに寄り添う百夜。百夜はそこでも前を向いている。


百夜

「人類は滅びねえ」
「千空はきっと生きてる」


今でなくても、きっと生きている千空が70億人の人類を助け出す事を心から信じていた。

その為に、いつか千空がめざめたとき必ず“仲間”が必要と考え、幾千年の未来にバトンを繋ぐことを心に誓う。

 

ちょっとした分析&考察

千空のルーツ

「Dr.STONE」第44話「百の夜と千の空」より

 

千空は常に合理的ですが、大樹やクロムを思う中に実は人情的である面を見せてくれていました。

ここまで科学が好きで論理的な千空が、マッドサイエンティストになりきっていない所以は、百夜の存在の賜物だと思います。

今回千空は石化した後にとんでもないセリフを言っていました。

 
「悪くねえ」
 

あの石化した状況で頭はしんでいないという恐怖の状況の中こんなセリフが言えるのは、他でもない常に前を向き続ける父親百夜の存在あってこそだと思います

“建設的である”と言えば論理性が強く非感情的な感じがしますが、この人達の考え方はどこか人間らしい部分が強いのではと思わされます。

本当カッコいいです!今回一番ぐっときました!

匿名 様のコメントでとんでもないところを見逃していた事に気づきました。前回のヤコフの名前といい私は石になった方が良いのかもしれませんね・・・

「Dr.STONE」第44話「百の夜と千の空」より

 

千空と百夜は血がつながっていないという事実がでていました。。。うぉぉぉおおお見逃していました・・・

という事は、あの髪の毛の先の黒いところなどは遺伝では無いということでしょうか・・・?似ているという話を書いた手前衝撃的です。世界には同じ顔の人が3人いるといいますから、ありえないでもないのでしょうか?もしやこれも伏線?

そしてこうなってくると千空の本当の両親はかなり気になるところです。

千空の両親黒幕説はまだ健在という事なのですね。
血がつながっていないとなると、科学への異常な興味は石化光線計画者のマッドサイエンティストの血筋、というパターンもまだまだあります。

ですがここは百物語の中に千空の出生の秘密が少し語られていて、千空は時を超えて初めて父親の気持ちを知る展開と予想します!百夜の親友の息子というパターンとかもありそう
「とても強く、とても優しい物語」というのは昔何かがあったけれど、その親友が千空を守り抜き百夜へと千空を託し、百夜の愛があふれる物語ではないでしょうか!(妄想のしすぎですね・・w)

 

三つ編みの人の名前

「Dr.STONE」第44話「百の夜と千の空」より

 

「コニー」という名前だったようです。前回名札から頑張って予想しようとしていましたが、そのまま読むのが正解だったようですねww

 

石神村のルーツ

「Dr.STONE」第44話「百の夜と千の空」より

 

やはり6人から40人まで増えていったのでしょうか?みんな親戚かもしれませんね。

「Dr.STONE」第44話「百の夜と千の空」より

 

関係ないですが、こんな場面でもねこじゃらしラーメンを持っているのはカワイイですw

 

 

科学、小ネタ等

石化した生徒達の表情

「Dr.STONE」第44話「百の夜と千の空」より

 

いまさら気づきましたがみんな目をめーっちゃ見開いていますw

左の生徒さんなんて今にも目ん玉が飛び出そうです!

「Dr.STONE」第1話より

 

1話を見てみると、たしかにみなさんリアクションは強い方なようですw(違うだと思いますが)

 

宇宙船のお約束

「Dr.STONE」第44話「百の夜と千の空」より

 

もはや宇宙船で誰が犠牲になる的な話をしたとき、この展開を予想しない人はいないでしょう!

もとをたどればあの伝説の映画「アルマゲドン」が出てきますが、ここまで様々な作品に影響を与えているとは本当すごい映画です。(もしかしたら違うかもしれませんが・・・)

 

 
私も大好きな映画で無駄なシーンが1カットもない映画だと思っています。主題歌であるエアロスミスの「I DON’T WANT TO MISS A THING」も大好きです。

見た事ない人は絶対みてみたほうがいいです!

話をDr.SOTNEにもどすと、この場面ひとつふたつ前回の伏線が回収されていましたね。

前回の考察にこんな紹介として書いていましたがどっちも今回の話に色を加えてくれていました!

「こまっしゃくれている奴」からの熱い男!
「独り身」だからこそ自分がふさわしいという理由付け

本当に稲垣先生は話作りがすごい・・・

そしてそしてそのシーンをみた未来の妻コリーの表情。

「Dr.STONE」第44話「百の夜と千の空」より

 

(あれ?この人以外に熱い人?いいとこあるじゃない)みたいな顔してますよね!w

この表情を週刊連載二本抱えながら書けるboichi先生に憧れます(表情と言えば今話表紙が一番いい表情だと思いましたけど!)

 

(今回の話と関係なく)髪型

「Dr.STONE」第7話より

 

ちょっと本当関係ないんですが、ふと見ていたら髪をおろした千空が7話ででてきていましたがこのかみがたって百夜そのものですよね。

上に立てれば千空、うしろで束ねれば白夜!ただ思ったので書いてみましたw(それにしてもイケメンです)

 

宇宙服

「Dr.STONE」第44話「百の夜と千の空」より

 

今回コマをまたいで宇宙服を着ているワイルドな百夜さんが出ていましたが、宇宙服ってものすごい科学がつまっている服なのですよ。

宇宙って太陽の光があたっているところは100℃以上であたってないところは-100℃以下、酸素も気圧も存在していないし放射線は飛んでいる、とてつもなく過酷な環境です。

そんな過酷な環境下でも人間が作業が出来るような服と考えたらどれだけすごい服か解るかと思います。

去年イーロンマスクが社長をするSpaceX社が発表した宇宙服は少しスタイリッシュでカッコ良かったですね。

(これは船内服としての用途だそうですが)

別のニュースですが、宇宙開発の予算削減でNASAの宇宙服の在庫がなくなっているという話も聞きました。

40年前に作られた耐用年数15年ほどと言われている宇宙服をまだ使っているんだそうです。

えー!と思うかもしれませんが宇宙服って一着10億円とかします。それを考えたら、仕方ないかもしれませんね・・・

 

 

感想

「百の夜と千の空」・・・
なんというオシャレなタイトルでしょう!そしてタイトルの絵最高です。

「Dr.STONE」第44話「百の夜と千の空」より

 

百夜も千空もそこはかとなく切ない表情を織り交ぜつつも、「父親」という表情が百夜に、「息子」という表情が千空にみてとれるきがします!この絵素晴らしいですね本当・・・

映画版ドクターストーンのポスターとかにありそうな気もしますw!

4巻も発売されましたし次回センターカラー!幸せだ!!(忙しくて未だ買ってはいるのですが読めていないのが現状・・・読んだらまた記事にしようと思ってます!)

次回のCC楽しみです!!(百物語を作って、悲しいですが百夜が亡くなっていきながら千空に想いを託すシーンな気がしています(><))

10 Replies to “【第44話】あらすじ&考察【ネタバレ注意】”

  1. 今週は百夜と千空の親子の絆を見せつけられた回でしたが、最後チラッと二人に血の繋がりはないことが明かされてて意外でしたね。その辺の考察も楽しみにしております!

    1. 匿名 さん

      情報ありがとうございます。とんでもないところを見逃しておりました。
      先週号の他の漫画も読み忘れがあったりと、繁忙でおかしくなっているようです・・・

      血がつながっていない事は本当に意外でしたね!

  2. そういえば今更ですがタイトルのZ=43のZって、なんでしょう‥
    atomic numberのZぐらいしか思いつきませんが笑

    あ、もう話してたらすみません。

    後、何話考察。だけじゃなくてONE PIECElogみたいに考察ごとに記事にしてもらえたら嬉しいです笑

    1. ゴゴゴリラ さん

      気になりますよねZ・・・
      アイシールドでは〇〇th downとアメフトに掛けたものになっていたので、Dr.SOTNEも何かに掛かっている気はするのですが、中々思いつきません><

      考察毎だと残った伏線とか確認できてよいですよね、ちょっと出来るか解りませんが、時間が出来たら書いてみたいと思いますー

  3. 今回も読み応え満載の回でしたね
    タイトルの絵は私も気に入ってます
    特に千空の方に百の夜、百夜の方に千の空の文を書いてあるのも親子の絆を感じられる配置だと感じました
    それにしても相変わらず管理人さんはいろいろ知ってるのがすごい!

    1. ラフランス さん

      読み応えありましたよねー!宇宙に話がいくのはSF好きとしてはたまらないですw!

      文字配置の考察、同感すぎます!!あの演出はいかしてます!
      ありがとうございます!(ちょう平凡な人間です!)

  4. とういうかマグマってどうなったんでしょう?クロムにやられて’あれ’が潰れてなければいいんですがw
    地味に前からずっと気になってます!どう思いますか?

    1. Mr.J さん

      Mr.Jさん!気にしていい事と気にしてダメな事がありますよ!w
      あの村では人数的にも繁殖能力を維持するのは超大事だと思います。クロムも本能的にそれが解るとおもうのできっと潰れていても片方だけです!(そう信じたいw)

  5. ラフランスさんと同じく扉絵のあおり文に絆を感じてうるっときました。時空が離れても志が同じところを向いているというか…
    と思っていたところに、血が繋がってないという衝撃の発言をサラッと言ってしまう白夜さんにはびっくりですね。

    1. ハナ さん

      血は繋がっていなくとも立派な、普通の親子以上の絆を感じますよね。カッコイイ!
      百夜は自然体な人な気がするので、そういうのもそこまで気にしていないのかもしれませんね。もしくは、そう振舞った方が千空にとって良いとかんがえているか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。