【第41話】あらすじ&考察【ネタバレ注意】

「Dr.STONE」第41話「DOCTOR STONE」より

 

新年あけましておめでとうございます。
どうぞ、今年もよろしくお願い致します!

 

あらすじ

ルリの病名

「Dr.STONE」第41話「DOCTOR STONE」より

 
ついに万能薬サルファ剤を完成させた千空達は、科学を知らぬ村人達の心配をよそに、早速ルリにそれを飲ませる。


千空

「さーてようやく診れるな 診断のお時間だ」


千空はルリの背中にコップのようなものを当てると「イー」と発音するように促す。すると肺に水が溜まっている際に聞こえる、ヤギの鳴き声のようなものが返ってきた。

ふとあたりを見渡すとネズミの死骸を発見、ルリの病気の手掛かりになる可能性がある為、検死を実行する。


千空

「肺全体に赤い炎症 細菌が原因でまず間違いねえ」


細菌の存在を明らかにしたものの、もし最近が肺結核を引き起こす結核菌であれば、サルファ剤の効果は無い。心配する一行にスイカがルリ姉の急変を告げに来る


スイカ

「たた大変なんだよー!ルリ姉が ルリ姉が・・・!!!」


「Dr.STONE」第41話「DOCTOR STONE」より

 

サルファ剤を飲んだルリは穏やかだった先ほどとは打って変わり激しく咳き込んでいた。千空が到着するとコクヨウはまっさきに千空を怒鳴った。

しかし千空は落ち着いて現状を分析する。ルリの状態は菌がサルファ剤に反応している、つまり効いているからこそ起きるもの。

咳き込みや肺に溜まった水、サルファ剤への反応、それらから病名を突き止めたのだ。


千空

「つまりルリの病名は――肺炎」
「サルファ剤は肺炎レンサ球菌をブチ殺す!勝ったんだよ人類の科学はよ・・・!!!」


「Dr.STONE」第41話「DOCTOR STONE」より

 

 

科学(千空)への信頼

「Dr.STONE」第41話「DOCTOR STONE」より

 

ルリを蝕んでいる細菌がサルファ剤の効く「肺炎レンサ球菌」と分かった以上、千空は引き続きサルファ剤を飲ませようとする。

しかしサルファ剤のせいでルリが悪化したと思っているコクヨウは、千空に対し怒りを露わに殴りかかった。

ガッ!っと音が鳴り響く。

しかしコクヨウの拳の前にいたのはコハクであった。コハクは父コクヨウの拳を腕でうけながら必死に思いを伝える。


コハク

「父上 これは妖術などというまやかしではない」
「科学という人類の英知の結晶なのだ」
「私は科学を そして千空を 信じている・・・!!」


クロム、金狼、銀狼、スイカ、カセキ、科学王国の者はこの言葉に強く同調を見せる。

コクヨウはその一連の流れ、また、自分の手下であるジャスパーやターコイズが何も言わない事からも抵抗する事を辞めたのであった。

 

ルリの復活、千空の苗字は・・・

「Dr.STONE」第41話「DOCTOR STONE」より

 

サルファ剤のお陰でルリはすっかり元気になった。その姿を見て、コクヨウは号泣する。コハクやジャスパー、ターコイズもつられて涙を流している。


ルリ

「もう何年ぶりかも忘れました」
「村の外に出たのも走れるのも・・・!!」


そんな物達をよそに、ルリは外を走り回る。コハクのお転婆は実は姉妹の血筋だったようだ。

場面は変わり、村人が一か所に集まりその前にはコクヨウと千空がたっている。コクヨウは御前試合を制した千空に対し、遂に村の長となる事を認める。


コクヨウ

「皆の者!!千空この男こそ今日から――」
「石神村の新しい長だ・・・!!」


盛り上がる村人を他所に千空は“石神”という言葉に強く反応していた。そこへルリが現れ、御前試合開始前の話の続きを始める。


ルリ

「そう千空 私は悠久の遥か昔から知っていたのです」
「貴方の名前は 石神千空」


 

 

ちょっとした分析&考察

第41話:タイトル「DOCTOR STONE」

「Dr.STONE」第41話「DOCTOR STONE」より

 

いやー来ましたね、漫画のタイトルが話のタイトルへ!!DOCTORが略されていないので、全く同じではありませんが、読みは完璧に同じです!!

前回40話「200万年の結晶」でもタイトルの感想を書かせてもらいましたがもう一度だけ言わせてください。

こういうの大好きです!!

これには三つの意味が含まれているような気がしました
・石から出来る薬、サルファ剤そのものを指し示す「DOCTOR SOTNE」
・科学を使用し、人を治療する医師である石神千空を指し示す「DOCTOR STONE」
・Dr.SOTNEという漫画の中でも、とても大事な回を指し示す為「DOCTOR SOTNE」

やはり二つ目と三つ目がやばいですね!!

 

科学(千空)への信頼

「Dr.STONE」第41話「DOCTOR STONE」より

 
今回の話でこの要素が一番心うたれました。科学はもちろん論理的で、成り立ちを追ってきた人であれば誰でも納得するものだと思います。

しかし、この村の人達は全てを見てきたわけではなく、勉強した訳でもなく、あくまで科学の技の一端を千空を通して見てきただけです。

クロムはさておき妖術と怪しむ心が無くなってはいないと思うんですよね。

だけどそれを全て取り払ったのは千空の人徳と言いますか、人となり、行動、言動あってこそだと思います。千空はふしぶしに他人に対する義理堅さのようなものを持っている男です。

この千空にたいする積み重なった信頼を、ルリの生死がかかった大事な場面で、自分の愛する娘を守るコクヨウに、その同じく娘であるコハクが真剣に伝える。そしてクロムが応え、金狼銀狼スイカがうなづく。

科学王国のキズナ、千空への信頼は確かな物であると言えるでしょう。

これはコミックスで通して読むのが楽しみすぎる場所ですね。

 

千空の苗字

「Dr.STONE」第41話「DOCTOR STONE」より

 

34話の記事にて「石王丸 千空」とか予想していたのが恥ずかしいですね。

【第34話】あらすじ&考察【ネタバレ注意】

「王」ではなく「神」でした。「獅子の王」と「石の神」の戦いとは不思議な対比です。

さて石神なんですが、日本では昔から「いしがみ」や「しゃくじん」と呼ばれていて民俗信仰の神だったそうです。

しかもその霊験は「病気治療や安産」です。

そう、まさしくドクターですよね!出産回も来そうなきがしてきました。

 

村の名前

「Dr.STONE」第41話「DOCTOR STONE」より

 

今回一番の謎は何故千空の苗字が、村の名前になっているのか。村の名前は一切でてきていなかったので怪しかったのですが、正直それっぽい伏線を見つける事は出来ませんでした。

・千空の両親が石化爆発に関係している
・千空タイムスリップ説
・ただの偶然

とかでしょうか?いくら安産の神、石神千空であっても、子供はいないと思うのでジャンプの定番、両親が何かしら鍵を握っているのでしょうか。

千空の父親は第10話で少しだけ出てきましたが、子供の好奇心の為に車売っちゃうぐらいの人です。どのコマでも目は隠れています。

母親は未登場。千空タイムスリップ説よりも、これはかなりありますねw

両親や、石神についてのいい感じの伏線を知っている人がいたら是非教えてください!(発売日前のジャンプの情報だけは無しでお願いいたします)

 

 

科学、小ネタ等

不安がるターコイズと、無表情のジャスパー

「Dr.STONE」第41話「DOCTOR STONE」より

 

ルリにサルファ剤を飲ませているシーンの後ろで小さくジャスパーとターコイズのリアクションが描かれております。

これ性格でてますよねw 今までの空気感からしても、やっぱりジャスパーは科学というか新しい物事に対して容認側な人物であるような気がします。

御前試合でもありましたが、道理が通っていればOKという具合でしょう。焦るターコイズとの対比になっていて面白いです!

 

肺に水のたまる音「山羊音」

「Dr.STONE」第41話「DOCTOR STONE」より

 

この「エーーー」という音なのですが、医療の現場では「山羊音」と言います。実際に肺に水が溜まっているかの確認に使用されておりました。

というのも現在は技術が発達しているので肺に水が溜まっているかの確認は音ではなくX線で行われているからです。

千空はルリに「イーーーー」と発音させておりますが、国の言葉によって良い感じのフレーズが使用されるようで、日本では「ひとーつ、ふたーつ」と言ってもらっていたそうですよ。

ちなみに初めて論文で発表したのは、聴診器開発者でもあるルネ・ラエンネックです。

聴診器と言えば最近、当てるだけで色んな生体データを詳しく取ってくれる「超聴診器」なるものが流行りかけているようですが、世界で初めての聴診器はこんな形をしていたようです。

 

ネズミって食べられるの?

「Dr.STONE」第41話「DOCTOR STONE」より

 

コハクがネズミを食べた事があるとサラッと衝撃発言しておりましたが、実際に現在でもネズミを食べている地域はございます。

ペルー等のアンデス地方では「テンジクネズミ」という種類がご馳走として食べられています。まる揚げされた料理は「クイ・チャクタード」と呼ばれていて見た目はとってもグロテスクですね。

本当に貴重なタンパク源で、割とおいしいらしいです・・・。

 

肺炎

「Dr.STONE」第41話「DOCTOR STONE」より

 

風邪の厄介版みたに思っている人もいますが、肺炎って日本人の死亡原因第三位なぐらい怖い病気です。ちなみに一位がガンで二位が心疾患です。

この死亡原因が高い理由って、何か重い病気にかかって免疫力が落ちてしまい、肺炎を併発する事で亡くなっているからだそうですよ。

また、日本では老人が肺炎で亡くなるケースが多く、若者のイメージがないですが世界的にみると肺炎は若者がかかる病気と見られています。

若い健康体であれば適切に医療を受ける事で重症化しないですが、子供にも掛かる病気です。少年ジャンプ読者はタバコなんて吸うのを辞めて、手洗いうがいを徹底しましょう!

近年ですとマイコプラズマ肺炎とか流行ってましたからね。

 

 

感想

あけましておめでとうございます!(二度目)

今回はタイトルがDOCTOR STONEだったので正直びっくりしました。

サルファ剤が完成して無事ルリ復活し、千空の苗字があかされました。千空の苗字が村の名前とかこういう大筋が進んでいっている感じすごい楽しいですね!

千空の苗字も村の名前も一切でてきてなかったですし、明かされていないのが違和感があるものはこれから要チェックです!

やはり千空の両親がキーパーソンな気がするんですよねー

最後になりますが、皆様にとって、Dr.SOTNEという漫画にとって、2018年がよりよい年になる事を心から願っております。

 

[PR]Dr.STONEのアニメを今すぐ見る!

下のサービスにまだ登録していないものがあれば特典を使って今すぐ無料で見る事ができます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。