【第18話】あらすじ&考察【ネタバレ注意】

「Dr.STONE」第18話「妖術決戦」より

あらすじ

千空のだしたしゃぼん玉になすすべのない銀狼

「おーい妖術だよぅクロム――!!」

クロム

「おぅビビってじゃねーぞ銀狼 俺なら駆けつけてるぜ」

「沿岸から見えたぞ!こいつがよ 則こなきゃウソだぜ!」

 
千空にたいし自己紹介をするクロム

「よぅ俺はクロムヤベーほど頭の切れる天才 妖術使いだ・・・!!」

「Dr.STONE」第18話「妖術決戦」より

 
千空

「ほ――ん俺は千空科学使いだ」

コハク

「ハ!噂をすれば 探しに行く手間が省けたな」

コハク

「セッッこい妖術にビビってんじゃねーぞ金狼銀狼!」

「おぅこんなもんはよ」

「木炭のアクからいくらでも作れんだよ!!」

この発言ですこしクロムの事が気になる千空

金狼

「ビビってなどいない未知の物を警戒しないのはただの間抜けだ」

銀狼

「僕はフツーにびびってたけどねぇ」

金狼

「何をしに来た 俺はクロム 貴様の怪しげな妖術をやらに頼る気はない!」

クロム

「構いやしねー好きにしな」

「だがなここだけは譲れねー妖術なら負けねー」

「手ェ出すんじゃねーぞ・・・!」

千空とクロムによる妖術対決が始まる

「Dr.STONE」第18話「妖術決戦」より

 
「ここで闘っちゃ村の連中巻き込んで危ねー場所だけは変えようぜ・・・!」

クロムの倉庫の前までくる

「おぅちょっとここで待ってろ!!」

何かを取りに倉庫へ入るクロム

コハク

“要は道具が必要だったんだな・・・・”

戻ってきて焚火に対し何かものを入れるクロム

クロム

「見とけ! 俺のヤベー妖術」

「レインボーブリッジ」

「俺は炎を自在に操る・・・!!」

「Dr.STONE」第18話「妖術決戦」より

 
炎が黄色、青、紫へと変化する

銀狼

「すごい これが妖術」

千空

「・・・・何がレインボーブリッジだ フッツ~~~の炎色反応じゃねえか」

「塩、銅、硫黄の順でブチ込んだだけだろが」

「銅はなんだ硫酸銅とかか?つっても分かんねえか」

「洞窟でかっぱらってきた青い結晶だろ」

クロム

“ヤッベーーーーーーーーーーーー!!”

“ヤベ―なんだこいつ!?青い結晶のことまで、頭ん中読むとかそういう術かヤベー”

“そんなもんあんのか自然界すげえヤベー”

「おおぅまさか!?俺の術がよ こんなハッタリくせーのだけだと思ってんじゃねぇだろーな!」

コハク

「何も言っていないぞ」

クロム

「ちょっと待ってろマジでとっときの 攻撃できるヤベー奴持ってくっからな!」

「今度はマジでやべーぞ!!」

丸い石のようなボールの表面を手で一生懸命こするクロム
銀狼に指をさしだし、その指からピリっと静電気が流れる

「Dr.STONE」第18話「妖術決戦」より

 
銀狼

「わ痛ぁっ!何この攻撃!?」

千空

「硫黄のボールか?さっき火にもブチ込んでた硫黄を 土器に集めて火で溶かす」

「冷めて固まったら外側の土器だけ割って完成か」

「スゲー作り方だな!唆るじゃねえかクロムテメー」

「手でこするよか革のが100億倍パワーあんぞ」

硫黄のボールを持ってきた革の旗でこする千空

「科学の旗だ」

千空の髪の毛が逆立ち驚くクロム

「Dr.STONE」第18話「妖術決戦」より

 
銀狼

「千空くんの頭がツンツンに!」

コハク

「元からツンツンだがな」

千空

「こども科学実験教室かテメーらは んな原始的な・・・」

「クロムテメーはこの原始の村で全部自分で考えたのか」

「あの倉庫に使えそうな鉱石や化学素材も全部自分で集めたのか」

クロム

「おうそうだよ悪かったな 返せって・・・」

「ガキはすぐなんでも集めんだよ 集めたもんブッ叩いたり混ぜたり燃やしたり」

「んでもしヤベーこと起きたら!それが妖術だ それ以外にねーだろが!!」

千空

“ククク見やがれ司 テメーが俺殺そうが誰殺そうが”

“科学をリセットしようがなツルピカ猿は――”

“なんでも試すヤベぇバカが 必ずまた興すんだ 科学文明をよ・・・!!”

「Dr.STONE」第18話「妖術決戦」より

 
「クロムこのままじゃいずれテメーも100億%司に殺される側の人間だ」

「俺ら科学王国の一味になるしかねえなァ」

何のことを言っているのかさっぱりわからないクロム

「クククこの科学倉庫もぜひ王国に欲しいとこだ」

クロム

「やらねーよバカ降りろ!」

“クッソダセえ 死んでもこのまま引き下がるわけにはいかね―”

「なら俺と最後の勝負だ タイマン張れ!」

「負けたら土下座して二度と村にくんじゃねー」

「テメーが勝ったら全部くれてやるよ 俺って男も倉庫もよ」

千空

「勝負?」

クロム

「やべー術を見せてやるぜ 生まれてこの方誰にも負けたことねえ!」

「算術で俺と闘え!!!」

当然のごとくボロ負けするクロム

こうして千空は科学倉庫とクロムを手に入れた

 

ちょっとした分析&考察

クロム

元素の名前が付いているのはこの物語で重要そうですよね!自分の事天才って言っちゃうキャラ大好きですw
好奇心旺盛でなんでも試すようですね。まだ科学というレベルにはさすがに来ていないですが妖術として化学反応を探し続けているあたり、千空が言っていたように文明を発展させていくキャラなのでしょう。

「Dr.STONE」第18話「妖術決戦」より

 
算術をすでに行っているのはすごいですよね、
背景では高度な高校物理まで公式が書いてありますが、クロムの算術はどこまで発展しているのでしょうか。

 

科学、小ネタ等

木炭のアク

「Dr.STONE」第18話「妖術決戦」より

 
クロムが木炭の灰汁からも作れるといっていますが、木炭の灰汁は主成分は炭酸カリウムで実際に洗剤や漂白剤に使われているようです。
ちなみに灰汁という言葉は意味が二つあり、我々がしゃぶしゃぶとかしたときにすくって除去するやつと、灰を水に浸した上で上澄みをすくったやつがあります。
後者を使いクセのある料理を作っていたところいつのまにか、肉とかをゆでた時に出るクセのあるあいつらの事をアクとも言うようになったそうです。

 

炎色反応
これも高校化学ですね、語呂合わせで覚えますよねw


これで覚えていた気がします。
ちなみに塩は塩化ナトリウムなので、ナトリウムの炎色反応ですね。

 

感想

静電気についてももっと掘り下げたかったのですが、時間の都合上すみません。

内容として、集落にも論理的な科学の発展を試そうというやつがいて、千空うれしそうでした!やっぱり自分と似たやつを見つけてうれしかったのでしょう。
雰囲気として大樹と杠のはしばらくでてこないのでしょうか。とってもきになりますが。
次回はクロムの倉庫を頂いたあとですね、もっと仲間を増やしていくのでしょう!期待です!

 

[PR]Dr.STONEのアニメを今すぐ見る!

下のサービスにまだ登録していないものがあれば特典を使って今すぐ無料で見る事ができます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。